2017ミス・ユニバース・ジャパンへの挑戦


~挑戦レポート①~

 

2016年11月25日(金)「ミス・ユニバース・ジャパン栃木大会」が足利市民会館で開催され、「加藤香奈」さんが栃木代表に決まりました。今回は栃木大会に第一次選考会からビューティーキャンプ・ウォーキング講師として関わらせていただき、ファイナリスト全員のウォーキングレッスン、当日のステージ・リハーサルのサポートを務めました。見事グランプリに選出された加藤香奈さんと次は日本大会で上位を目指します。

 

ミスユニバース日本大会
ミスユニバース日本大会

 

~ウォーキングレッスン①~

 

普段はモデル活動などしていない大学生の加藤さん、もちろんウォーキングレッスンやステージを歩くのも初めて。まさに0からスタートとなりました。まず日本大会へ向けて、10cm以上の高さのハイヒールを準備し、慣らしていくことから。

 

加藤さんはいつも穏やかな性格で、かなり過酷な競争を求められるミス・ユニバース日本大会では大変かなとも思いましたが、運動神経の良さと、内側に秘めた芯の強さで、レッスンは順調に進めることができました。大学4年生ということ、日本大会が予想していた3月から7月に変わったこと、自分の将来について悩んだり、学校と就職とミス栃木としての立場に対応しなくてはならない、忙しい毎日だったと思います。

 

ウォーキングは徐々に安定感を増し、最初は恥ずかしがっていたポージングやターンも形になり、ひとつの形になったと思います。3月の日本大会ファイナリストお披露目パーティー、4月、5月のプレトレーニングが終わるたびにレッスンを重ね、6月中旬より日本大会ビューティーキャンプおよび本大会に進んでいきました。

 

約2週間のキャンプ中もウォーキング審査ら練習が続くので、動画などを利用し連絡を取り合い、アドバイスを送ります。

 

ミスユニバース日本大会
ミスユニバース日本大会

ミスユニバース日本大会
ミスユニバース日本大会


 

~ウォーキングレッスン②~

 

僕の地元である群馬県からも、もちろんミス・ユニバース群馬代表が選出されました。レッスン生であった清水さんが惜しくも準グランプリで幕を閉じたわけですが、グランプリの「木部真理」さんからも日本大会へ向けてウォーキングレッスンをお願いしたいとご連絡をもらいます。昨年はミス群馬・福井リエさんと日本大会挑みましたので、今年はミス栃木・ミス群馬の二人とリベンジかなと意気込みました。

 

木部さんは関節の使い方が非常に上手で、ミスユニバース特有の腰を左右へスライドさせる歩き方(モンローウォーク)の習得が非常に早かったです。改めてウォーキングというのは、人の身体の骨格・関節・筋肉により教え方を変えないといけないなと勉強になりました。