2017ミス・ユニバース群馬への挑戦


モデル:清水紗由美

講師:村神一誠


~挑戦レポート~

 

2016年の夏の終わり、ミス・ユニバース・ジャパン群馬大会にエントリーしたのでウォーキングレッスンをお願いしたいというお問い合わせをいただきました。もちろんレッスンを受講していただくことは大歓迎、まずは今のウォーキングレベルを見ながら1度レッスンしてみましょうと練習が始まりました!

 

群馬県内の大学生であった「清水紗由美」さん、身長が高くスタイルもスラっとして、素養は高いなと期待できました。しかし、初めてレッスンに来てくれた時は、自他ともに認める最近の若い子らしく猫背で、歩くときに膝が曲がってしまうなど、ウォーキングに関しては、いわゆる一般的な女子大生でした。とにかく自分のハイヒールでのウォーキングに自信がないということで、基礎から教えていくことになります!

 

書類面接の一次審査は通ったので、ウォーキングを披露することになる二次審査まで、急仕上げではありますが2回のレッスンで悪い歩きのクセは矯正できたかと思います。あとは二次審査が合格したら本格的にレッスンをしてウォーキングを極めようと話し送り出しました!

 

ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬


~ウォーキングレッスンレポート~

 

結果、見事に二次審査を突破しファイナリストという立場に進んでくれたので、ここからは本気です!

 

本人も部活をかなり頑張ってきた経験があり負けず嫌い、僕も「どうせやるならグランプリを目指そう」ということで大会まで僕の思い描く練習メニューをこなし、自信を持ってファイナルの舞台に立つためにできる限り練習をしていくこととなります!

 

スケジュールや費用を負担がないように相談し、必ず上に立つために徹底的に細かなところからレッスンです。

 

まずモデルウォーキングに必要な筋肉・柔軟性のために、エクササイズとストレッチです。これがあるかないかで、キレイに歩けるかどうかの半分の要素が決まると考えています。実際「体幹の強さ、脚の内転筋やふくらはぎの内側の筋肉」がないと、安定した美しいモデルウォークはできません。ここが弱いと、いつまでたってもハイヒールで歩く際に踏ん張りが効かず、よろよろします。そして「足首・股関節・腰・肩甲骨・肩に可動域」がないと、女性らしい柔らかいウォーキングや腰の入るキャットウォークはできません。

 

清水さんは僕の意図を理解し、一生懸命レッスンに向かってくれました。日に日にウォーキングは安定し、自分の歩きに自信を持ち、技術的にも向上してくれました!もちろんポージングの練習から本番を想定した音楽の中でのウォーキングも仕上げます!

 

15cm前後のハイヒールでは、足裏の重心の捉え方、つま先と足首と膝の使い方、股関節の乗り込み、腰から脚を伸ばすこと、上半身の張り、肩甲骨と腕のの引き方、軸のある姿勢、これらを部分的に反復練習することで、全身が合体したときに完璧なウォーキングになります!

 

ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬


~レッスン日程・2016年~

10月7日 13:30~16:30

10月13日 13:00~15:30

10月16日 MUJ群馬 二次審査

10月23日 14:00~16:00

10月31日 9:00~12:00

 

 

11月7日 9:00~12:00

11月10日 13:00~16:00

11月15日 9:00~12:00

11月19日 14:00~17:00

11月20日 MUJ群馬ファイナル

 


ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬

 

ミス・ユニバース・ジャパン群馬大会ファイナルの直前には、本番で使うドレスでのウォーキング練習も行いました!

 

これが意外と大事と思いますが、この年代ではまだハイヒールを履いてロングドレスで歩くという経験自体が少ないので、本番で緊張もプラスされますから、ぶっつけ本番では困ったことになります。ドレスが重くて思い通りに歩けなかったり、裾が長すぎて踏んでしまったり、歩き方やリズムを合わせられずキレイなドレスが映えなかったりです。

 

こういったことも抜け目なく準備し、本番を想定したスピーチの練習もし、やれる限りの準備をしたという気持ちで大会の本番に向かいます!

 


 

~ミスユニバース群馬大会レポート~

 

2016年11月20日(日)

MISS UNIVERSE JAPANN 2017 群馬大会ファイナル

 

会場 ホワイトイン高崎

 

ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬

 

普段は結婚式場として使用している素敵な会場にステージを作り、群馬県を代表する企業関係者の方が審査員席に並び、まずはオープニングのダンスからスタートです!

 

当日は応援するのみですので、一人一人個性豊かで美しいファイナリストの頑張りを見守ります!

 

一人ずつの水着&ウォーキング審査、スピーチ、ドレスウォーキング、とても堂々と清水さんはオーラ全開で自分を魅せていました!

 

初めて会ったときとは、もはや別人の勢いで凛とした姿を見せてくれたので、ここまで一生懸命に練習してきたかいがあったなぁと感慨深いものでした。

 

最終の審査員の方からの質疑応答では、「二次選考の時から比べると見違えるように自信に満ちているように見えるのですが、この1ヵ月間は何を求めて努力をしてきたのでしょうか?」という質問が来ました。

 

そして、清水さんはこの質問に対して「セミファイナルから一番努力してきたことは、ウォーキングです。村神先生とのレッスンのおかげで、ここまで仕上げることができました。」とスピーチをしてくれました(T_T)

 

このウォーキング講師という仕事、本当に天職であり、本当に幸せな仕事をさせていただいているなと感無量でした。

 

ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬

 

審査が一通り済むと、審査員は別室へ。ファイナリストたちはステージで撮影タイム。観客はアフターパーティーの会場へ移動。とても美味しい料理とお酒に囲まれた立食パーティー形式の会場で、審査結果発表を待ちます。

 

食事をしながら関係者と歓談し、ステージ上のピアノの演奏を聴き、ゆっくりと待ちます。

 

そして、審査結果が決まったタイミングで、ファイナリストたちが一人ずつステージに呼ばれ入場してきます。

 

みんな審査が終わって緊張から解放されたのか、良い顔です(^-^)

 

ミスユニバース群馬
ミスユニバース群馬

 

正直、ファイリスト10名みんがこの日に向けて頑張ってきて、審査基準があるようでないようなミスコンテストなので、期待とドキドキ感の中で結果発表を待ちます。

 

結果発表アナウンス

 

「2016ミス・ユニバース群馬・準グランプリは清水紗由美さん」!!

 

準グランプリを獲得してくれました!

 

惜しくも日本大会まであと一歩でした!

 

悔しい気持ちはもちろんですが、できる限りの準備はしてきたので達成感もあります(^-^)

 

本人もいろんな感情が沸き起こったのでしょう、表彰の瞬間泣いてました。

 

今回の群馬大会では、素人であった普通の大学生が自分を磨くことで準ミス群馬まで駆け上がる姿をサポートできたことで、僕に大きな自信と確信と喜びをもたらしました!

 

清水さんのとっても素晴らしい経験を積むことができたと思いますし、泣くほど嬉しい悔しい経験というものは、大人になってから貴重だと思いますので、この日をバネに、より一層輝く大人の女性になって欲しいなと思います。

 

今回グランプリに選ばれた木部さんにも、今回エントリーしたメンバーを代表するという気持ちも持って頑張っていただきたいものです。

 

最後に日本大会までサポートさせていただいた昨年のミスユニバース群馬代表・福井リエさんと挟まれて記念撮影で充実した大会が幕を閉じました。

 


MISS UNIVERSE GUNMA 2017 映像