2017ミス・アース・ジャパン東京大会


ビューティートレーニング・ウォーキング指導

大会公式ウォーキングトレーナー


~大会レポート~

 

【大会概要】

5月6日(土)ビューティートレーニング・ウォーキングレッスン

5月14日(日)ビューティートレーニング・ウォーキングレッスン

5月16日(火)2017ミス・アース・ジャパン東京大会

 

今年の3月からこのミス・アース・ジャパンの話が始まりました。昨年までのミス・アース日本大会は書類選考やオーディションを合格したファイナリストが日本一を競っているコンテストでした。しかし、今年から地方大会を開催し、各都道府県大会の代表が日本大会へ進む形式への初年度となりました。

 

昨年からミスコンテストに関わらせていただいてきたご縁と、レッスン生の大活躍のおかげで、まだ何も決まってい状態からスタートする初年度ミス・アース・ジャパンのビューティートレーニングのウォーキングを任せていただけることが決まりました!

 

関東は東京大会・埼玉大会・群馬大会・栃木大会・神奈川大会が開催される運びとなりましたが、その中の4つの大会(東京・埼玉・群馬・栃木)のウォーキング指導を任せていただくことになり、やりがいのある怒涛の日々が一気に始まりました!

 

まずは東京大会です!

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン


~ウォーキングレッスンレポート~

 

【ビューティートレーニング1日目】

 

ミス・アース・ジャパン東京大会のファイナリストが出揃いました!

 

東京大会は28名のファイナリストがいますので、レッスンを受ける方もする方にも集中力が必要です。限られた時間とスペースの中で、全員のウォーキング技術を向上させながら、大会へ向けて気落ちを作ってもらいたい。

 

ウォーキングは身体を使った表現なので、身体でしっかり歩くときのポイントを確認しながら反復練習しかありません。そのポイントをいかにわかりやすく伝えて素早く理解させるかが講師の腕の見せ所かと思います。

 

僕自身が一番汗をかいているような状況でしたが、1日基礎から本番に向けたウォーキングのベースはお伝えすることができたと思います。東京大会のファイナリストは非常に雰囲気も良く、時間が経つにつれ、全員の集中力も上がっていき、とてもレベルの高い充実したレッスンができました!

 

次回のレッスンも、大会本番もハイレベルなものになると予想されます!

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン

 

【ビューティートレーニング2日目】

 

本番を2日後に控えた2回目のレッスンはリハーサルも兼ねたレッスンになります!

 

28名いるとどうしてもウォーキングに技量の差がありますので、軽くウォーミングアップをしたら、今の時点でしっかりウォーキングのベースが出来ているチームと、もう少し基本的なターンやポージングを復習したいチームに分けてレッスンをさせていただきました。

 

レベル別にウォーキング・ポージング・ターンの練習を重ね、午後からは全体で本番に近い意識で通しのレッスンです。最後にドレスも準備し、本番に思い切って向かってもらえるよう、関係者一同がジッと見つめる中、ウォーキングとスピーチの最終レッスンを行い完了です。

 

本番では、いかにウォーキングに余裕があるかが大事です。上手く歩きたい、キレイに歩きたいと思いながらステージやランウェイに向かっているようでは、自信に満ちたウォーキングやポージング、さらにスピーチもできません。見ている人や審査員に、自分をどう伝えるかをイメージし、しっかりほかのファイナリストよりも目立ち、自分の良いところをアピールしなくては、個性豊かでハイレベルな28名の中の1位は絶対に取れないと思います。

 

しかし、今回の東京大会ファイナリストは最終的にとても良い仕上がりになったと思います!

 

このビューティーキャンプに講師として参加できたことに感謝しながら、本番が楽しみだなと思えるトレーニング期間になりました!

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン


~大会当日レポート~

 

2017年5月16日(火)

MISS EARTH JAPAN 東京大会

 

会場 日本橋公会堂

 

あとは見守るのみ。当日は朝からリハーサルです!

 

人数が多いのでリハーサルも大変です。少しウォーキングやスピーチが遅れると、全体の進行が遅れ、終演が間に合わなくなっていまいます。何度も時間を計りながら、リハーサルを重ね、ハイヒールを履いたファイナリストたちにも疲れが見えてくる程ですが、自分が勝ちたいという気持ちと、全体として素晴らしいステージにしたいという気持ちのバランスが良く、舞台監督の指示に従いしっかり頑張っていました!

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン

 

最初の審査は水着でのウォーキングと短いスピーチです。ウォーキング講師としては、自信を持って楽しく歩いて欲しい。そして、そこに自分らしさがそれぞれ出ていたらいいなと思いながらも、内心ではみんな無事にキレイに歩いてくれ(>_<)と祈っていました。

 

一人一人の緊張が伝わってきて、こちらも一緒に緊張し手に汗握るようでしたが、最後の28名までがスムーズに終わると、ホッとします。

 

そして、次はドレスに着替えてからのウォーキングとスピーチ審査です。実際、スピーチの時間は審査において、とても重要だと思います!

 

一番審査員はゆっくりファイナリストの雰囲気や表情を見れる時間であり、熱意や知性が比べられる時間になるからです。僕の見ていた中でも、普段は大学生でウォーキングやポージングには自信がなさそうだったけど、素晴らしいスピーチをしたな(わかりやすく、聞きやすく、共感できる内容と話し方で自信を感じるスピーチ)と思ったファイナリストがいましたが、審査員からも評価が高くトップ10に入賞していました。

 

全員のスピーチが終わったところで、28名のエントリーからトップ10が選出されます。もちろんウォーキングやポージングに自信と余裕を持ち、自分の良いところ出せているファイナリストは、すんなり名前を呼ばれたなという印象もあります。しかし、人間が審査する以上、10名に絞らないといけないルール上、惜しくも入賞を逃してしまったなという頑張ったファイナリストもいます。一人一人がとても魅力的だっただけに、余計に競争の世界の厳しさを感じてしまいます。

そして、選ばれた10名が再度、グランプリや日本大会への意気込みのスピーチを行い、順位が確定します。

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン

 

ミス・アース・ジャパン東京大会 結果

 

準グランプリ「大越和香・水谷紗也佳」

 

グランプリ ミスアース東京代表「塚本敦未」

 


~アフターパーティーレポート~

 

無事に東京大会が閉幕し、会場を変え、アフターパーティーへ。

 

ひとりひとりに大会へ懸けていた思いがあり、もちろん悔しくて泣いてしまう子もいましたが、とてもレベルの高い中、全員がしっかり出し切ったような感覚もあり、清々しい部分も見れて、本当に今回のミス・アース東京大会は気持ちの良い素晴らしい大会だったなと思えるものでした!

 

グランプリの塚本さんには、このメンバーの気持ちも一緒に背負って、日本大会へ向かって頑張ってもらいたいと思いつつ、ウォーキング講師としてできる限りのサポートをしていきたいと思います。

 

リラックスしてファイナリストたちと話してみると、レッスン中には気づけなかった、とても幼い部分や、とても芯の強い部分などが垣間見れて、もっともっと本人の良いところを引っ張り出せるようなウォーキングレッスンができるようになりたいと気持ちを高めさせてもらいました!

 

アフターパーティーでは、ファイナリストたちがレッスンのお礼や自分の今の気持ちなどいろいろ素直に話してくれます。これからも応援してあげたい個性豊かなファイナリストたちです。ウォーキング講師としてサポートしてあげられることは、大会後も繋がっていけたらと思います!

 

最後、控室にちょっと挨拶に寄ると、全員が素晴らしい表情でカメラにピース!

 

本当に気持ちの良い素晴らしいファイナリストたちです!

 

これからの活躍も期待して応援してあげたいと思います!

 

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン

ミスアース東京大会ウォーキングレッスン
ミスアース東京大会ウォーキングレッスン


miss earth tokyo 2017 動画集

ミス・アース・ビューティフルJAPAN 東京編