2016ミス・ワールド 世界大会への挑戦


モデル:吉川プリアンカ

講師:村神一誠


~挑戦レポート~

 

2016年9月5日 見事にミス・ワールド日本代表の座を掴み取ったプリアンカさんと、その余韻に浸ることも束の間、約3ヵ月後に開催される世界大会へ向けたウォーキングレッスンをどう進めていくか検討を始めました。

 

しかし、今回はとてもマスコミの注目度が高かった為、日本大会後は毎日取材の対応、ミスワールド日本代表としての社会活動と、非常に多忙の日々が始まってしまい、なかなかスケジュールが組めません。

 

本人も取材の依頼をいただいたり、様々なイベントに招待されることは喜びであり、意義を感じていましたが、同時に世界大会へ向けて何も準備が始められないという焦りも感じていたようです。

 

ウォーキングの練習に限らず、タレント部門に向けたパフォーマンスの練習、より極まったボディメイクやスピーチの練習、社会貢献活動のプレゼン準備など課題は山積みです。

 

しかも、世界大会は11月下旬には日本を出発し、約1ヵ月間の間、世界のミス達と共に行動をしながら社会活動や様々な審査を受け続けます。

 

ミスワールド日本代表という立場は、非常に精神的にタフでないと最後まで戦い抜けないと感じます。

 

ウォーキングレッスンを中心に、少しでも力添えができるようサポートしていきました。

 

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会


~ウォーキングレッスンレポート~

 

スケジュールを合わせることには苦労しましたが、日本大会前よりは期間があったので、しっかりひとつひとつ疑問点やできていない点を修正しながら、基礎からしっかりウォーキングレッスンを積んでいきました。

 

本人も最初はできなかった動きやメニューが身体で慣れてできるようになると、自由自在にウォーキングの脚がコントロールできるようになるので、より楽しみながら頑張れました!

 

僕が説明して練習させていたことのポイント(ハイヒールで歩くときの足裏の重心の位置や腰から脚を動かすこと)も、「最初は理解できなかったけど、今なら完壁にできる、わかる!」という風に進んでいき、素晴らしい上達でした。

 

非常にウォーキングの技術が向上し、初めて来た時とは比べものにならないほどで、一番大切な「自分の歩きに自信」をしっかりつけてくれました。

 

ウォーキングの基本がしっかり身に入ってからは、復習の為の反復練習もしながら、過去の世界大会の傾向から、様々なパターンのランウェイやステージ、審査方法を想定して練習。衣装としてはカジュアルなものから、ロングドレス、マーメイドドレス、それぞれに合ったウォーキングの練習を詰めていきました。

 

日本を旅立つまで忙しい日々の連続で、本人もうまくリフレッシュしないと気持ちが折れてしまそうになることもありました。どんなに能力が高くても、まだ22歳の女の子ですので、周囲の期待が大きすぎるプレッシャーは相当だったと思います。

 

しかし、プリアンカさんは様々な仕事と準備を乗り切り、本当に強いハートで頑張りました!

 

僕は「安心して応援しています」と見送るのでした。ここから先は本人ただ一人の戦いです!

 

<レッスン日程>

9月5日 ミス・ワールド日本代表決定!

9月13日 16:30~20:00

9月27日 16:30~19:00

10月3日 11:00~13:00

10月14日 17:00~19:00

 

10月21日 13:00~15:00

11月8日 18:00~20:00

11月22日 10:00~12:00

11月26日 ミスワールド世界大会へ出発

12月18日 ミスワールド世界大会ファイナル

 


吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会


~世界大会当日レポート~

 

2016年12月18日(日)MISS WORLD 2016 FINAL

会場 MGMナショナルハーバーリゾート&カジノ シアター 15:30 開演

場所 アメリカ合衆国・ワシントンD.C.

 

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

 

初めてアメリカ本土に渡ったわけですが、世界大会が開催されるMGM National Harbar Resort & Casino は豪華絢爛という言葉がふさわしい、12月にグランドオープンを迎えたばかりの施設でした!

 

施設内には、ホテル・飲食店・高級ブランド店・カジノ・コンサートホール・劇場(シアター)が完備されており、開場時間より早めに着きましたが、どこも刺激的で豊かな場を楽しみました!

 

本格的なカジノに入ることも初めてでしたが、非常に面積が広く栄えています。とりあえず一周しましたが手は出さず。また身長ほどの高さはあるハイヒールのモニュメントが広場にあり、思わず目を引かれました。お寿司屋さんなのに店名は「BENTO」という(^^;)

 

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

 

15時30分の開演に先立ち、15時頃にシアターの入場(セキュリティチェックも厳重)が始まりました。シアター内ももちろん豪華で、この素晴らしい環境の中で競い合い、この素晴らしいランウェイを歩く、世界大会出場のミスたちは思い切り楽しんでもらいたいなと思いましたし、自分も目の前で見ることができる幸せを感じていました。

 

今回はおよそ世界120か国ほど代表が来ていたようなので、応援も国際色豊かで様々な言語や国旗があちらこちらで花咲きます。特に目立っていたのは、フィリピン・インド・メキシコ・アメリカ・プエルトリコあたりの応援団でしょうか。

 

コンテストではありますが、オリンピックのように祭典な雰囲気もあり、世界中のミスコンテストに関わる人同士がお互いに情報交換したり、会場に来ている世界的な著名人に挨拶したり、とても友好的な感じで客席も盛り上がります。ここで今回の旅で一番英語が話せないことを後悔しました(-.-) そして日本から僕を含めて応援に来ている関係者が数名おりましたが、誰も日本の国旗を持ってこなかったことを全員で後悔するのでした(>_<)

 

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

 

舞台監督&司会者の合図で音楽が流れ、いよいよ始まります! オープニングは各国のミスたちが大型ビジョンで3グループに分けられ紹介されます。プリアンカさんも「MissJapan!」の紹介と共に画面に登場!

 

まず最初はこの3グループごとに3色の衣装で全体のダンスがステージで行われます! 120人のスタイル抜群の美女が一斉に踊る姿は圧巻でした!

 

そして、衣装直しの間は大型ビジョンにて事前に行われたスポーツ審査やトップモデル審査などの様子が流されます。このファイナル当日までの頑張ってきた様子がわかると同時に、各部門の上位国が見えてきます。

 

次に全員が黒のタイトなワンピースの装いに着替えると、フォーメーションを組んだウォーキングとダンスを織り交ぜた全体的なステージウォーキングショーの時間です!

 

さすがに各国代表、かなり高いハイヒールを履いたまま、余裕の笑顔でダンスとウォーキングを披露します!

 

このウォーキングショーのラストにミスたちがセンターを空けたランウェイを作り、全体からTOP20のファイナリストが発表され、一人ずつそのセンターを歩いてステージ前方へ出てきます!

 

ここで「~~~~. Next Finalist JAPAN! ~~~~~~.」見事プリアンカさんがコールされます!

 

これで約120人名の中で上位20位以上が確定です!

 

全員がステージ袖に入っていくと、改めてTOP20のファイナリストがひとりずつ呼ばれ、ステージ全体を使ったウォーキングを披露しながらステージ最前へ並びます。

 

この後、大型ビジョンにこれまで1ヵ月間に渡って活動していたミスたちの様子が流れ、そして、ドレスに着替え終わったファイナリストの中から、TOP10が呼び出されます。ここで呼ばれるとドレスで一人ずつステージを歩きインタビューを受けます。悔しいかな、ここで「Miss Japan」のコールはありませんでした。

 

世界の壁は高かったとみるべきか、2009年以来日本代表が7年ぶりにTOP20位以上に入賞を果たしたことを凄いとみるべきか、判断は難しいところですが、よく頑張ってくれたのではないかと思います。プリアンカさんはもっと上位を狙って努力していた姿を見ていたからこそ、悔しい部分もありました。

 

この後ステージはより華やかに、歌手によるステージも挟みながら、TOP10、TOP5、と会場の盛り上がりは最高潮を迎えていきます!

 

そして、TOP5がひとりずつ自己PRをした後、ミスワールドCEOから3位、2位、1位の発表となります。

 

The 3rd Place is インドネシア!

 

The 2nd Place is ドミニカ共和国!

 

& Winner of MIss World 2016 is プエルトリコ!!

 

会場は大歓声、フィリピン応援団は悲鳴。しかし、ここまでくると誰が勝者になっても納得です!

 

素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝です!

 

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会
吉川プリアンカ・ミスワールド世界大会

 

エンディングは世界中から集ったミス達が全員で手をつないで「平和」や「愛」を感じさせてくれるような大合唱で幕を閉じます。競い合うコンテストではありますが、女性の美というものを通して、非常に温かい会場の雰囲気を味わいました。

 

最後は少しステージと観客の間に時間がありましたので、日本応援チームでプリアンカさんの下に行き、顔を見合わせ、手を振って記念撮影!

 

本当にご苦労様でした! 帰国したらお疲れ様会をしましょう(*^^*)

 

今回の「ミス・ワールド2016への挑戦」は、ミスコンテストの日本大会~世界大会というものを肌で感じ、ウォーキングの講師としてたくさんの学びがありました。この経験を次のレッスンに活かしていきたい、そして、また世界大会へ戻って来たいという強い想いが芽生える素晴らしい旅となりました。

 


Miss World 2016 公式映像




この素晴らしい感動のステージを目の前で見ることができて、本当に素晴らしい体験でした!